月別アーカイブ: 2017年1月

弁護士に依頼するメリット

債権者から債権を回収するために弁護士に依頼する、本質的なメリットとはどのような点でしょうか。どのようにして弁護士は債権を回収するのでしょうか。それには、大まかな流れがあります。主に個人に対する回収方法ですが、一番最初に行うことは、個人に対して『内容証明』を送付することです。これは、債権者に対して、債権の支払いをする義務があることを通知するものとなります。例えば、期限をあらかじめ設定し、その期限以内に支払われないのであれば、裁判に発展する旨などを記載することがあります。

次に債権者に送付するのは、『督促状』です。これは弁護士から直接送付するものではなく、裁判所から送付するものとなります。上記に記した内容証明より意味合いが強いものとなります。もしこれらを送付しても債権者が応じない場合、民事調停や訴訟、差し押さえや強制執行に至ることもあります。

これらいくつもの方法の中からベストと思われる方法を弁護士が行っていきますので、より確実に、しかも迅速に債権回収の手続きを進めることができます。相手方がいる再建に関して、強制的な回収などの方法を考えておられる方も、一度弁護士に相談することを、おすすめします。

時効になってしまう前に

融資した側が、債権者に対して債権を回収できなくなった場合、どうなってしまう可能性があるのでしょうか。まず、そもそも『債権が回収できなくなるケース』が実際にある、という点を覚えておかなければなりません。まず一つ目が、「時効」になっている場合です。融資した企業が個人を相手にしている場合では10年、または対企業である場合は基本的に5年、となります。その間も完全にその期間が経過しているわけではなく、調停などによって期間の停止はありますから、実質的にはもっと長くなるでしょう。実際に時効が経過し、相手方が時効を主張して支払わない意志を示した場合回収は難しくなります。

次に、債権者が自己破産をしている場合です。自己破産は、債権者にとっては高価な資産を失うことを除けば最も確実に債権を解消する方法です。これは法律で認められている債権の扱いでもあるので、その場合は本人にはもちろん、親族などからも債権の回収を行うことはできません。

これ以外の場合にも、融資側が債権者に対して債権の回収が不能となる場合はいくつか考えられます。上記に載せた判例はほぼ手遅れですから、こうなる前に、弁護士に相談して債権回収のために動くことが大切です。

債権回収―生まれやすい借金

金銭トラブルは私達の生活の中で最も起こりやすいトラブル、と言えるかもしれません。その規模は例えその金額が大きな金額ではなかったとしても、発生しやすいからです。それに金銭トラブルは、人間関係や、それに伴う信用関係がこじれてしまいがちなので、対処方法そのものも要注意である問題、と言えます。さて、私達が金銭トラブルを経験するその機会とは、どのような機会でしょうか。対人間での貸し借り、それとも自身でのお金の管理、でしょうか。それら二つの機会にも、私達は該当することがあります。

現代では様々なサービスが発達し、インターネットを用いてそれらを誰もが簡単に利用できるようになりました。ただし、それによって新たな問題が発生したという点も考えなければなりません。それらのコンテンツにおいて、『お金を使いすぎてしまう』という問題です。最初はほぼ無料から始められるものの、お金を掛けることでさらにサービスが充実するので、どんどんそれに投資を行います。その投資には実質的な見返りが無いにも関わらず、辞められなくなってしまいます。投資のバランス感覚を失ってしまうのです。

結果、自分の資産を多く浪費することになり、ついには借金までに手を出して、返済しきれなくて破産…これは何も、稀なことではありません。行き過ぎた浪費をしてしまうと、誰にでも起こりうるものです。そこで問題となるのが、『債権者側』ではなく、『融資側』の問題です。債権者に対して、債権回収ができなくなる、という問題が発生し得ます。