弁護士に依頼するメリット

債権者から債権を回収するために弁護士に依頼する、本質的なメリットとはどのような点でしょうか。どのようにして弁護士は債権を回収するのでしょうか。それには、大まかな流れがあります。主に個人に対する回収方法ですが、一番最初に行うことは、個人に対して『内容証明』を送付することです。これは、債権者に対して、債権の支払いをする義務があることを通知するものとなります。例えば、期限をあらかじめ設定し、その期限以内に支払われないのであれば、裁判に発展する旨などを記載することがあります。

次に債権者に送付するのは、『督促状』です。これは弁護士から直接送付するものではなく、裁判所から送付するものとなります。上記に記した内容証明より意味合いが強いものとなります。もしこれらを送付しても債権者が応じない場合、民事調停や訴訟、差し押さえや強制執行に至ることもあります。

これらいくつもの方法の中からベストと思われる方法を弁護士が行っていきますので、より確実に、しかも迅速に債権回収の手続きを進めることができます。相手方がいる再建に関して、強制的な回収などの方法を考えておられる方も、一度弁護士に相談することを、おすすめします。